CASE & BLOG

オークとウォールナットと私

プラン概要

家族構成:ご夫婦(2人)
ロケーション:行橋市
内容:インテリアデザイン、家具照明コーディネート
規模:戸建て1階のフルリノベーション

昔の建築基準法の為に奥まった場所に配するしかなかったキッチンを表に出してくるリフォーム。鉄骨構造の住宅の為、柱を抜く事が難しくコストがかかるので、その柱をオークの無垢材で巻いて経年変化とともに味のでるLDK空間の象徴としました。

ヒアリング

大手ハウスメーカー建築の鉄骨造の2階建ての戸建ての計画。お子様が独立され、住まわれるのはご夫婦お二人。キッチンも狭い場所に配置され和室も物置状態になっていました。和室を撤去しリビング、ダイニング​、キッチンの広いワンルーム空間に変更することが求められました。

提案

ご予算の関係もあり、簡単な平面図を作成しプレゼンさせていただきました。平面図と各種使用する素材を見て頂きました。

完成

和室を解体し大きな明るい空間が出来上がりました。建築関連の仕上げ材はオークで統一し、家具はウォールナットでコーディネートしています。2トーンの自然素材がうまくまとまった空間になりました。

キッチン

キッチンはシンクをアイランドにし、洗い物をしている時でも目の前が広がり、リビングに設置しているテレビも見れるようなレイアウトにしています。

システムキッチンはコストパフォーマンスの高いクリナップのラクエラを採用しました。カウンタートップは人工大理石で製作し腰回りは床材と同材のオークのフローリング材を使って仕上げています。

アイランドシンクからはベランダが見渡せるので外の自然を感じながら料理や食器洗いができるようになっています。

ダイニング

ダイニングとリビングはひと続きになっているので、夫婦がそれぞれの空間にいるときにでも緩やかにつながりお互いの気配を感じれるプランになっています。

LE KLINTの折り紙のようなペンダント照明の優しい光がダイニングテーブルを照らし食事の時間を特別なものにしてくれます。

リビング

もともとの和室を解体し、リビングの扉の位置を変更することで廊下だったエリアをリビングの面積へと組み込みました。テレビ台横の柱型は廊下の収納と、リビング側の収納として機能しています。

​その間にテレビ台を設置していますので、見た目のバランスと機能性を備えた計画になりました。

鉄骨の柱は建具屋さんの手で美しく仕上げられています。オークの無垢材で作ったボックス形状のものを巻き付けています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事

おすすめ記事

検索