CASE & BLOG

エレガントインダストリアルの家

福岡県早良区、90平米のマンションのリノベーション計画です。工事前はリフォーム済みの状態でキッチンも新しく、壁紙も奇麗に張り替えられていました。ユニットバスやトイレ等の住宅設備も新しく、使える物は使いながらお施主さまのご要望をかなえていく計画となりました!

お打ち合わせでを元に図面を書き、各素材も決定し工事金額も決まりました。

デザインは流行のインダストリアルデザインを一歩前進させ、ラフな素材をきれいに使って行く方向性としました。名付けて「エレガントインダストリアル!」(そのままですが、、、笑)

工事スタートです!

まずは解体作業から始まります。今回は新品で入っているユニットバス、トイレを残し部分的に解体しています。

この段階で図面通りの仕上がりになるかの確認をします。僕たちにとってはこの段階がドキドキの時でもあります。思っても見なかったものが出てきたり、なるほどあれはこういう事だったのか!なんてことが判明します。マンションであれば想定外のことが起こるっていうことはそうないのですが、それでも明けてビックリ!にドキドキします。

必要であればこの段階で計画変更を行います。

今回は大きなアイアンの扉を付ける予定の床が若干傾いており、床をなるべくフラットにする為の調整作業が必要になる事が判明しました。

和室だった場所もフローリング貼りにするため、置き床工事を行います。この場所に大きなアイアンサッシを建付けるため、全体の床のレベルを「均し」ながら工事してもらいます。

今回キッチンの位置を個室から、油山が見えるオープンな場所に移動させます。共同排水縦管の排水接続の位置がこのように↓床の懐、ギリギリの位置だったので、床上げをし排水の為の勾配を取ります。事前の計画段階での想定範囲ですので、この床の段差が出来てしまうことは予めお施主さんにはご説明、ご理解を頂いて計画していきました。

ん〜、しかし、既存のキッチンはギリギリで勾配とってますね〜。

そして、今回最も苦労+楽しかったのが、この壁です!↓

と、言われても意味不明だと思うのですが。。。笑

この壁周りの計画が色々な素材が絡んでくる難しい設計でした。試行錯誤の上この様な図面を書きました↓

120ミリのパネル材を使い、フラットな壁をつくる計画です。ここ「えっ!扉だったの!?壁だと思ってた!」っていう収納をつくっています。見た目が荒っぽい素材を丁寧に使うことでそのコントラストが美しさを醸し出します。

東京にいたときからの親友で今は静岡で頑張っている親友の知恵、そして、この大変な作業をやり遂げて頂いた現場の皆様に感謝、感謝の「壁」です!

皆様のおかげで素晴らしい仕上がりになりました!

この壁、非常にシンプルでスッキリしていますが、この美しさ+機能を融合させることがデザインですご〜く難しく、面白い所です。木目のつながりをしっかりと持たせながらも収納の扉としても機能させる。感情的ながらも理性的。どちらに偏るでもなく、「間」を大切に人生を生きていきたいと思っております!(突然の決意表明w)

さて、言葉が暑苦しくなってきたところで、次の鉄のアイアンで冷します!

先ほどの床の調整が必要だったのは、これを建付けるためでありました!↓(横のほうきはご愛嬌!)

パーツ毎に作られた部材を現場で組み立てながら設置していきます。このKさんはアイアンのアート作品も作ってらっしゃる方ですごく丁寧なお仕事でさすがというお仕事をして頂きました、大変助かりました!今後とも宜しくお願い致します!

引き渡し後はお子さんのプレイスペース、その後は寝室になる場所のアイアン製の扉です。まだお子さまが小さいので、この格子の間には強化ガラスを入れるようにしています。

さて、つぎはキッチン周りです。

既存の位置からキッチンを動かすことで、排水もそうですが、排気も決まった場所にしか経路をとれません。

当該現場はマンションの最上階であるため、天井の懐が狭く配管ダクトを天井内に納める事ができませんでした。

ダクトの素地のままだとどうしてもインダストリアル感が強くでてしまうので、塗装を施すご提案をしました。黒だとまだインダストリアル感がでるので白にて落ち着かせる事で程よい空間のアクセントになりました。

コンロ横にくるタイルもキッチンの奥行きとタイルサイズから事前に「割り付け」という作業を行い、小さなタイルが混じらないようにきれいにおさめています。

キッチンはウッドワンのクロムクという商品です。既製品でこのようなスタイルのキッチンが出てきているので何だか時代を感じます!

そして、つぎは洗面台です。

こちらも今回のプロジェクト、オリジナルでデザインして先ほどの鉄アート職人のKさんに製作していただきました。

洗面ボウルにはTOTOの実験用のシンクを使用しています。巾、奥行き、深さが非常に使い勝手のよい商品です。水栓金具もサンエイの黒のものを使用しています。鏡もオークにて現場造作しています。まとまったいい仕上がりになりました。

そして、工事も無事完了し、お施主さまさの引っ越しもおわり、本写真撮影の為再びご自宅までお伺いしましたー。

家具が入るとかなりいい感じな雰囲気になってます!グリーンもすごく良くて凄く素敵な空間になってますー。

本写真は施工事例にアップしますのでそちらもご覧下さいー!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最新記事

おすすめ記事

検索